おすすめ1

フリーランスアフィリエイトプロジェクト

働き方 日常の出来事

就活やめたいと思うのは本気すぎるから【就職は通過点の1つ】

投稿日:

Pocket

就活やめたい

 

こんにちは、はたぼーです。

先日、就活生と話す機会があり、
就活やめたいと連呼していました。

就活やめたいと思う人は、
けっこういっぱいいるみたいですね。

 

いまは就職好景気だとか聞きますけど、
落ちる人は落ちるし、
そもそも就活なんて楽しくないですもんね。

 

就活やめたいって言っている人の中で、
気になる共通点があるので、
その共通点について言及してみます。

 

僕自身の考え方として、
就活や就職を経験することは、
悪いことではないと思っています。

ずっと普通のサラリーマンでいることは
オススメしませんが。

就活している人・する人へ、
アドバイスに少しでもなれば。

 

 

就活やめたいと思うのは本気すぎるから

就活やめたいって思ってる人は、
就活を本気でがんばり過ぎている、
根詰めてやっている、
人が多いなという印象を受けました。

(もちろん全然違う理由の人もいますけど)

 

想いが強すぎて、精神的に疲れてしまう。
空回りしてうまくいかない。
そして就活やめたいって思ってしまう。

 

僕も就活は経験しているので、
とても気持ちは分かるんです。

将来に関わることだし、
周りの友達が早く決まってたりすると
なおさら焦ってしまいますよね。

 

でも、もーっとラクに考えて望んでいいですよ。

よっぽどやりたい仕事でない限り、
就活に想いを込めたって、
時間や精神のムダです。

気楽に行きましょう。

 

 

就職は通過点の1つ

なぜ就活に本気になってしまうのか。
それはいくつか理由があると考えています。

①人気企業や大企業に入りたい
②安定した職につきたい

といった感じでしょうか。

 

まとめると、
就職した企業に長く勤めるつもりだから、
どうしても失敗したくない。

という気持ちなんだろうなというイメージです。

ちなみに僕も就活時はこういう気持ちでした。
雰囲気よさげで、安定した企業に入りたかったです。
当然のように、ずっと勤めるつもりで就活してました。

 

ですが、本当に自分の将来のことを考えるなら、
就職なんて通過点の1つ、
会社は利用するものと考えたほうがいいですよ。

 

 

就活の気持ちをラクにする考え方

就活やめたいって思わないように、
気持ちをラクに持ちたいですよね。

さっきの本気になってしまう理由、
それぞれについてこう考えてみましょう。

 

①人気企業や大企業に入りたい

人気企業や大企業だからといって、
あなたにとって本当に良い労働環境とは限らない。

これはその会社に入ってみないと分からないです。
入社後、希望の部署に配属されないこともありますし。

 

また、選考に落ちたしても、
本当にその企業に行きたいのであれば、
別の企業で働いて転職で狙うのもアリ。

むしろ転職で入った方が、
重宝されたり条件が良かったり、
そういう可能性も高い。

いまこのタイミングで、
その企業でなくてはならない理由はないはず。

と考えるとラクだと思います。

 

②安定した職につきたい

もう終身雇用は崩壊していて、
本当の意味で安定した職はないと思っています。

例えば、公務員。
公務員の仕事はけっこう決まった作業が多くて、
今後AI等の活用によって自動化されていきます。

そして、大企業。
某T社やF社は、5000人規模のリストラが最近話題になりました。
(リストラではなく、異動という名目でしたが、、、)
業績が悪くなれば、簡単に人員削減します。

 

このとおり、安定と言われる会社はもうありません。

また、同じ会社で働き続けるというのは、
そこでしか通用しないスキルばかりが身に付くかもしれず、
それこそが一番のリスクです。

散々会社のスキルばかり身に付いたあげく、
リストラなんかされたらもう終わりですよ。。

 

こういった考えから、
最初の就職は通過点と考えれば、
そんなに難しい気持ちにならないし、
就活やめたいともなりにくいのかなと。

こういった考えの人の方が、
あっさりと上手くいったりするんですよね。

 

 

どうしてもやりたい仕事なら本気で望むべき

就活している大半の人が、
やりたくもない仕事の中でなんとか選んで、
就活していると思っています。

 

でも、中には本気でやりたいことがある人もいます。

どうしてもやりたい仕事であるなら、
それは本気で望むしかないです。

本気で望みながらも、
しっかり息抜きも大切にしてほしいですね。
やっぱり余裕がある人の方が、
採用する側からしても目を引きますから。

 

 

ラクな気持ちで就活に望もう

書いてきたとおりですけど、
就活やめたいっていう人は、
就活に本気すぎます。

どんなに事前リサーチしても、
その企業が良い企業かは入ってみないと分からないし、
終身雇用も崩壊しているので、
一生安定して働けるような環境は難しいです。

 

就活やめたいって思うほど本気でがんばって、
なんとか入社しても辞める可能性は高いですし、
自分で稼ぐチカラがないと生き抜いていけないですよ。

僕としては、入社してもそこにとどまらず、
転職とか起業の経験をオススメしますしね。

 

就活はメンタルすり減らしてやるほどのものでもないです、
とにかくラクな気持ちで望んでください。
就職なんて、本当にただの通過点です。

ただの通過点の1つだと考えれば、
そんなに気負うことなく就活できると思います。

ぜひ気楽に活動してみてください。

 

 

PS.

僕が就活をしていた頃は、
就職氷河期と言われている時期で、
とにかくプレッシャーがありました。

 

小さい頃から頭に叩き込まれている
・就職して当たり前
・大企業、有名企業が良いに決まってる
・安定のために毎日働くことこそ正義

ということにも何の疑問も持っていませんでした。
サラリーマンになるのはイヤだったけど、
それはなって当たり前、
受け入れるしかないと諦めていました。

 

安定企業ってことで、
銀行とか信用金庫とか含め、
金融系を主に狙ってました。

できれば公務員も狙いたかったのですが、
その資格の勉強をしていなかったので断念してました。

 

僕もメンタルすり減らしながら、
将来の安定を信じて就活をして、
融資関係の営業職になりました。

そこまでして就活して頑張ったのに、
1年も経たずして辞めました。

まぁこんなもんなんですよ。

 

会社も仕事も入社してみないと、
自分に合っているか分からないんです。

だから、そんなに本気になる必要はないです。

入社して合わなかったら、
さっさと辞めるべきだし、
今は世間的に転職に悪いイメージはないので、
転職という選択も全然アリ、というかオススメです。

 

僕はあの時にあの仕事を辞めてよかったと、
心から思ってます。

人生一度きりですから、
できるだけ自分の思ったとおりに、
やったほうがいいです。
やりたくないことは極力やらない。

それでいいです。

 

就活している人は、
それはそれで活動していいと思いますが、
会社以外の収入も考えておくと、
今後とても有利ですよ。

ネットビジネスなんかは、
時間に余裕があるうちが積み上げやすいので、
就職する前に実践しておくことをオススメします。

 

会社以外に収入があれば、
いろんなことにチャレンジができるし、
会社を辞めるときにも、
精神的にゆとりができますから。

ぜひ行動してください!

おすすめ2

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

-働き方, 日常の出来事

Copyright© 副業サラリーマンがアフィリエイトで自由になる , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.