自由の考え方

本当の自由を構成する4つの要素~身体の自由~

更新日:

Pocket

身体の自由
本当の自由とは何でしょうか?
真面目に考えるとかなり深いテーマなんですよね。

人によって考え方はさまざまだと思います。

僕がいろいろ考えた中で、
本当の自由は、以下4つの自由が必要だと考えます。

【身体の自由】
【経済的自由】
【時間の自由】
【精神的自由】

 

今回は【身体の自由】について書いていきます。

 

例えば、とんでもないお金持ちの資産家がいるとします。
もう彼に買えないものはありません。
土地だろうが島だろうが、テーマパークだろうが、
欲しいものは何でも手に入れることができます。

使えないほどのお金があるので、もう働く必要はなく、
何に縛られることなく、時間も自由です。

・・・どうでしょうか。
うらやましいと感じる人は多いでしょう。
まさに夢のような話です。

しかし、この資産家がとてつもない難病を抱えていて、
年齢も90歳超え、もはや寝たきり状態だとしたらどうでしょうか。

・・・あなたはこの状況をうらやましいと感じるでしょうか。
この姿にあこがれを抱くでしょうか。
そして、この資産家は自由でしょうか。

この状況だと、うらやましいと感じる人は多くないでしょう。

そして、この資産家は自由ではありませんよね。
寝たきり状態で病院のベッドから離れることもできず、
自分の行きたいところにも行けない、
自分の食べたいものも食べれない。
このような状態では、どんなにお金と時間があっても
自由とは言えません。

自由に自分の人生を存分に生きるのであれば、
それなりに健康であることは必要なのです。

 

日本では
・いい高校、いい大学に行く
・一流企業、公務員に就職する
・真面目に40年近く勤めて、手堅く出世する
・定年後、退職金で自由に暮らす
が成功者だと国から教育されます。
(僕は全然成功者ではないと考えてますが)

しかし、定年後にやっとお金や時間の自由ができたところで、
もう身体的にはかなり衰えているし、
やれることもかなり制限されてきます。
もちろん、年配の方でも元気な方はたくさんいますが、
それでも身体の自由が失われるリスクは高いものです。

 

補足ですが、身体的な障害を持っている人が
自由になれないかというと、そんなことはありません。
やりたいことは多少制限されてしまうかもしれませんが、
その障害が自分の幸せや、やりたいことを妨げていなければ、
それは自由であると言えます。
また、今後の技術発達や周りの人の支えで、克服も可能です。

 

自由に自分の人生を生きたいと思うのであれば、
できるだけ早い段階で決意し、行動することをオススメします。

もちろん、何歳になっても自由を求めるには遅くはありません。
ですが、自由になる時期が早ければ早いだけ、
存分にやりたいことがやれるということです。

-自由の考え方

Copyright© 副業サラリーマンがアフィリエイトで自由になる , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.