戦略・思考 日常の出来事 自由になるための思考

朝は遅れて出社しよう~自由への小さな一歩・通勤編~

投稿日:

Pocket

僕はネットビジネス(アフィリエイト)でお金を稼ぎ、
自由を手に入れることを目標としています。

現在はその過程で、サラリーマンを継続しつつ
ブログ・メルマガアフィリエイトを副業として実践しています。

絶賛、自由への仕組みを構築しているところです。

 

サラリーマンを続けていますが、
会社員でも少し意識を変えて行動するだけで、
毎日のストレスを軽減することができます。

僕はけっこうサラリーマンとしても、
なかなか自由な働き方をしていると思ってます。

明日から実践できる、
自由への小さな一歩として、
出社時に使える僕なりのコツを説明します。

 

出社時のストレス

朝、出社する時って気が重いですし、
ストレスが溜まりますよね。

 

僕が考えるストレスの1つは、
通勤時の満員電車です。

これは本当に辛いですよね。
人混みで揉みくちゃにされるし、
混み具合によってはスマホすら見れません。

満員電車で体がぶつかるのは仕方ないことなのに、
それで舌打ちしてくるような人もいますしね。

精神的にも肉体的にも負担です。

僕は社会人1年目でリタイアしましたが、
この満員電車が大きな要因の1つでした。

朝の田園都市線は最悪です。

 

もう1つは、遅刻はいけないという義務感・責任感です。

小さな頃から遅刻は悪いものと教えられ、
当然一般社会でも遅刻というものは、
かなり悪いイメージを持たれています。
会社によっては遅刻は査定に影響しますね。

この義務感・責任感から、
朝は早く起きなくてはならない、
乗りたくない満員電車に乗らなくてはならない、
と、辛い選択肢を取ってしまうのです。

大半の人がこのような心理のため、
苛立っている人もたくさんいます。

 

これらのストレスは、
とても簡単な方法で軽減できるのです。

 

出社ストレスを軽減する簡単な方法

僕がおすすめするストレス軽減方法。

それは
「出社時間を遅らせる」
ことです。

簡単に言うと遅刻するということです。
これ、かなり大きな効果があります。

 

20分から40分くらい遅れて出社してみてください。

なんとなく朝はのんびりできて、
気持ちがだいぶラクです。

また、中途半端な時間に出社することで、
満員電車に揉まれなくて済みます。
みなさん出社時間ちょうどを目指して出社するので、
その時間の電車を避けると混み具合が全然違います。

 

サービス業など顧客相手の仕事をしている人は難しいですが、
一般的なデスクワーク会社員なら実践できると思います。

 

罪悪感を持たないことが大事

遅れて出社することをおすすめしましたが、
やはり日本人としては抵抗がある人も多いでしょう。

でもよく考えてみてください。

遅刻って何が悪いんでしょうか?

 

仕事というものは予定どおりに進んで、
ちゃんと終えることが大事であって、
毎日遅刻せずに時間どおり出社することなど、
大して重要なことではないはずです。

逆に、毎日時間どおりに出社しても、
仕事が全然終わらないような人は、
重宝されないですよね。

 

僕の経験上、仕事ができる人には
時間にルーズな人も多いのですが、
仕事をちゃんと終わらせるので、
遅刻することなど全く気になりません。

中には、昼過ぎに出社してきて、
定時よりも早く帰ってしまう人もいました。
それでも仕事は終わらせています。

 

分かりますよね?
仕事は終わらせることが重要で、
毎日時間どおりに出社することは大して重要ではない、
ということです。

仕事できっちり結果を出していれば、
遅刻することに罪悪感など1ミリも感じる必要はありません。

メリハリがきっちりしていればよいので、
そこのバランスを考えながら実践してみてください。

 

これを実践することで、
もしかしたら評価が下がるかもしれません。

これは僕の持論ですが、
たかが遅刻くらいで評価が下がるくらいなら、
それはあなたの技量に問題があるか、
評価側の器の大きさに問題があります。

 

あなたが本当に必要な人材であれば、
時間どおりに出社しなくてもちゃんと評価されます。

あなたの技量が問題ないのに、
評価が下げられるようなことがあるのであれば、
そんな職場は一刻も早く見切りをつけていいです。

何が大切か本質を分かっていない人と働いても、
あなたの大切な時間を奪われるだけですから。

 

そもそも1日の労働時間に縛られる必要はない

今の時代は成果を重視する傾向にもなってきていて、
裁量労働制を採用する会社も増加傾向にあります。

裁量労働制には賛否両論ありますが、
これは本来の仕事の姿だと思います。

仕事なんてちゃんと任務を全うすれば、
労働時間は1時間でも30分でも、
自動化しているなら0分でもいいですよね。

 

1日8時間労働が当たり前の日本社会ですが、
そもそもこの時間に縛られる必要はないのです。
やることやってればいいはずです。

日本の会社には古くからの習慣で、
今の時代には合わないものがたくさんあります。
そこに気付くようになってくると、
自由への道筋がだいぶ広がります。

 

サラリーマンでも、少し意識を変えて行動するだけで、
今よりは自由な働き方ができます。

今回は出社時の対策を説明しましたが、
他にもいくつかあるので、
今後機会を見つけて書こうと思います。

でも、アフィリエイトで稼げるようになって、
通勤なんていうものとは無縁の世界に
いち早く行こうと思います。

 

 

PS.

ちゃんと仕事を終わらせれば、
遅刻をしても全然いいと思います。

罪悪感なんか持つ必要はないし、
まわりがなんと言おうと気にする必要はないです。

 

でも、プライベートの約束では、
時間はちゃんと守りましょうね(笑)

プライベートでも多少の遅刻は笑ってくれますけど、
大幅な遅刻をするとかなり険悪なムードになることあります。。

 

高校生2年生のとき、
仲良しグループの中で鬼の遅刻魔がいました。

朝に約束してても朝には来ず、
午後に連絡が取れるようになることは当たり前、
のような人でした。

あまりに酷いので、
その友人は最終的に仲間外れになってしまいましたね。。
(遅刻以外にも問題はありましたけど)

-戦略・思考, 日常の出来事, 自由になるための思考

Copyright© 副業サラリーマンがアフィリエイトで自由になる , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.