サラリーマンの不遇 自由になるための思考

50代サラリーマンが真面目に働き続けた結果

更新日:

Pocket

50yearsworker
以前勤務していた会社でのことです。
そこで出会った、50代一般サラリーマンの現状をお話します。

 

同じプロジェクトに50代半ばの男性がいました。

彼は九州は宮崎から単身赴任で東京に出稼ぎにきていて、
宮崎にいる妻と子供二人に毎月仕送りをしていました。
なぜ家族から離れてわざわざ東京に来ていたのかというと、
彼の技術では東京に来ないと仕事がなかったのですね。

そんな彼のランチはというと。
毎日自作のお弁当持参で、毎日同じおかずでした。
休日に一週間分のおかずを作って冷凍するそうです。
それがラクだし、何より節約になると言っていました。

 

彼は仕送りで家族の生活を保障しなくてはいけなかったし、
東京での自分の生活費も必要でした。
そんなこともあり、彼は節約せざるを得なかったのです。

彼の楽しみは、節約してなんとか捻出した費用で
お正月と夏休みに実家に帰ることくらいでした。

さらに彼は契約社員だったので、
契約の勤務時間を下回ると給料が減ってしまうため、
下手に体調を崩して何日か休むと致命的でしたし、
長期休暇なんてものは夢のまた夢でした。

 

そんな彼を見て僕が率直に思ったのは、
「50代ってもっと収入よくて自由なんじゃないのか?」
「こんな不自由な状態にはなりたくない!」
という気持ちでした。

僕は彼の気持ちは分からなくもありません。
僕も若手の頃は当然給料が安かったし、
1か月なんとか生活する程度の金額だったので、
せっせと節約をしていましたから。

 

彼の自由は完全に会社に縛られていたのです。
お金も、時間も、住む場所も、付き合う人間も。

給料は毎月1か月をしのぐ程度しか稼げません。
当然、娯楽はありません。
毎日朝から晩まで働き、忙しければ残業、休日出勤です。
出稼ぎに出てるので、大切な家族とも離れて暮らします。
仕事によっては、嫌な上司・同僚と仕事をしなくてはなりません。

 

僕たちは小さな頃から、
毎日コツコツと真面目に働き続けることが正しくて、
年齢が上がれば少なからずとも給料も上がっていくと
頭の中にすり込まれています。

あなたも
「さすがに50代ならそこそこの給料になってるでしょ」
と思っていませんか?

僕はそう信じていました。

 

でも、これが50代サラリーマンの現状です。

彼は決して悪いわけではありません。
おそらく長い間コツコツと真面目に働いてきたはずです。
小さな頃から国や社会に教育されてきたモデル通りに。

この事象から分かると思いますが、
国や会社に求められるがまま働いているだけでは、
自分らしい自由な人生は送れないということです。

もちろん50代できちんと稼いでいる人も多くいますが、
僕が見てきた中では、彼のようにお金に余裕が無い人を
多く見てきました。

 

あなたがもし自由に自分らしい人生を送りたいなら、
普通にコツコツ働いているだけでは無理です。
自分自身で稼ぐチカラを身につけなくてはなりません。

僕は自由を手に入れるために、ネットビジネスに参入し、
アフィリエイトを始めました。

 

ちなみに、もし彼がネットビジネスを始めて成功したら。
お金に余裕ができるので、せっせと節約する必要もありません。
毎日働く必要もありません、自分のペースで仕事ができます。
そして何よりも、どこでも仕事できるので、大切な家族と離れる必要もありません。

 

アフィリエイトはこのような自由をもたらしてくれます。
簡単ではありませんが、これこそ真面目に実践すれば、
サラリーマンの年収くらいはあっさり稼げます。

せっかく真面目にコツコツやるのなら、
自分の未来が明るいほうがいいですよね。

もしあなたが将来に不安を感じているのなら、
ネットビジネスを始めてみましょう。

-サラリーマンの不遇, 自由になるための思考

Copyright© 副業サラリーマンがアフィリエイトで自由になる , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.