おすすめ1

フリーランスアフィリエイトプロジェクト

働き方 戦略・思考

完璧主義はつらいだけ【70点くらいでOK】

投稿日:

Pocket

完璧主義はつらい

 

こんにちは、はたぼーです!

なかなか成果を出せない人、
行動できない人の特徴の1つ、
それが完璧主義です。

僕自身も少し完璧主義な面があり、
特に昔はひどかったです。
仕事は完璧でないと!
と思ってました。

 

完璧主義って、一見かっこよくて、
仕事ができそうな感じがしますが、
実はただつらいだけです。

 

 

完璧主義はつらい

やっぱり仕事は完璧でないと、
という人も多いと思います。

でもぶっちゃけ、
「本当の完璧」というものは
存在しないんですよね。

最初から完璧を目指すのは、
ただただつらいだけですし、
行動・成功の妨げになります。

 

完璧主義はすぐにやめましょう。

 

 

完璧主義であることのデメリット

完璧主義の特徴から、
そのデメリットを探っていきます。

 

ストレスが半端ない

完璧主義の人は、
「これはこうであるべき」
みたいに決めつけてしまいます。

物事を柔軟に判断できないので、
その思い通りにならなかったときの
ストレスがとんでもなく大きいです。

また、このストレスに気づいていない
パターンも多いです。
知らないうちに自らを追い込んでしまい、
ストレスが溜まってしまってたりします。

 

ストレスが溜まってしまうと、
肉体的にも精神的にもつらいです。

 

「ちょっとだけやってみる」ができない

やると決めたことはやり通す
という意思が強いです。

なので、「ちょっとだけやってみる」的な
曖昧なことはしないのが完璧主義です。

最後までやり通すことはいいのですが、
何か優先順位が高い割り込み作業があっても、
途中で作業を止められないので、
作業効率が悪いこともしばしば。

 

また、「ちょっとだけやってみる」ができないと、
小さな成功体験を積み上げることができません。

行動力が高い人、大きな成果を成し遂げる人は、
この小さな成功体験が多い人たちなんですよね。

 

小さな成功体験を積めないというのは、
日常的に喜べないという、
つらい状況に陥ってしまいます。

 

失敗への恐れから決断力が低い

完璧主義の人は失敗をしたくありません。
他人から怒られたり、
指摘されたりすることを、
とても嫌います。

完璧主義でない人でも失敗はしたくありませんが、
完璧主義の人はこの気持ちが超巨大です。

 

物事に取り組む前にあれこれ考えてしまい、
とにかく事前調査・準備に時間をかけます。
結果、決断力が遅い傾向にあります。

決断力が遅いということは、
その分何か損をする可能性も高いということです。

 

損をしてしまったら、
また自分を責めてしまう。
これは本当につらいです。
完璧主義の負のループですね。

 

 

事実:結果を出す人ほど完璧を目指さない

完璧を求めず終わらせることを優先する

僕の経験上、こういう考え方の人が、
行動力が高く、結果を出しています

そして逆を言ってしまえば、
完璧を求める人ほど行動力が低く、
結果も出ていないということです。
(例外の方もいますけど)

 

完璧でなくてもとにかく終わらせる、
この考え方は成功することにとても大切です。

ビジネスも作業もトライ&エラーの繰り返し。
まずやって、ダメな部分は修正していく、
この流れが成功への近道です。

 

 

 

完璧主義をやめるコツ

少し精神論が多くなってしまいますけど、
僕なりの完璧主義をやめるコツを
いくつか紹介します。

 

これくらいでいっか

完璧を目指さない。
ではどの程度を目指すべきか。

僕としては、点数でいうと、
70~80点くらいでいいです。
そこから100点までの道のりは
長くつらいです。

あまりこだわらず、
「これくらいでいっか」の感じで、
70点くらいを目指しましょう。

 

例として、仕事の提出物。

70点くらいまでサクッと仕上げて、
あとは上司に確認してもらいましょう。

そして上司からの指摘を修正していく、
って感じの方が作業はめちゃ早いですよ。

 

 

もう1つ例として、ネットビジネスのメルマガ。

これも70点くらいの出来でまず始めてみて、
あとは開封率とかの反応をみて修正していく、
これが一番効率的です。

 

70点って低くない?
と思うかもしれませんけど、
そんなこと全然ないです。

最初から100点を目指してもムダなので、
楽観的にいきましょう。

 

何とかなる

何でも物事を始めたら、
どんなに準備をしたとしても、
うまくいかないことやトラブルは
起こるものです。

それらが起きたら、
修正すればいいだけ。
何とかなります。

 

始める前にあれこれ考えず、
「何とかなるっしょ」と楽観的に、
見切り発車しちゃいましょう。

本当に何とかなるものですよ(笑)

 

 

目的をしっかり確認する

あなたが達成すべき目的を把握しましょう。

目的が明確になり、冷静に考えれば、
何を優先すべきかが分かります。

目的達成のための道筋が見えれば、
完璧主義のプライドは簡単に捨てられるはず。

 

 

 

完璧を目指すこと自体は悪くない

完璧主義はやめるべきですが、
「完璧を目指すこと」は悪くないです。

作業の精度や品質については
もちろん高いほうがいいので、
最終的に高いレベルを目指すことは
とてもいいことです。

 

ただ、始めから完璧を目指さないこと
が大切であるということです。

先ほども書いたように、
トライ&エラーの繰り返しなので、
サッサと70点くらいで終わらせて、
あとは修正していくのが吉です。

 

 

 

完璧主義をやめて、成功しよう

何気なく書いたんですけど、
この部分がとても大事です

行動力が高い人、
大きな成果を成し遂げる人は、
小さな成功体験が多い人

まぁ楽観的で、
根拠のない自信がある人ばかりです。

 

例えばアフィリエイトなら、
まずは1回目の報酬を得る。
これが最初の小さな成功体験です。

小さな成功体験が喜びであり、
あなたのモチベーションになり、
根拠のない自信につながります。
これが継続するコツでもあります。

そして、1万円、10万円、50万円・・・と
小さな成功体験を積み重ねることで、
大きな成功を掴みとることができます。

 

何とかなると思っているから、
行動することができ、
小さな成功体験ができるから、
根拠のない自信がついてまた行動する。

これが成功者のループです。

 

一方、完璧主義でいると、
0点か100点の世界なので
「ちょっとだけやってみる」
ができません。

そして、失敗を恐れるあまり、
新しい行動ができず、
小さな成功体験を積めません。

完璧を目指し、
失敗が怖くて行動力・決断力が鈍り、
成果を出せなくなる。

 

これが成功しない負のループです。

 

もしあなたが完璧主義者なら、
今すぐ完璧主義をやめましょう。

ストレスもなくなるし、
結果も出やすくなる、
つらいことなんてやめて、
楽観的にいきましょう。

そして、成功者のループに入り、
大きな成功を掴みとりましょう。

 

最後に超成功者の言葉で締めくくります。

「完璧を目指すよりまず終わらせろ」
Facebookのマークザッカーバーグ

 

 

PS.

僕は前はかなりの完璧主義でした。

完璧な状態にしないと作業完了にできない、
人が手を抜いてるとイライラする、
他人も完璧でないと気が済まない。

などなど。

 

まぁ今思えば、完璧主義というか、
ただ臆病だっただけなのかなと思います。

上司に何か提出するにも、
怒られるのイヤだし、
指摘されるのも腹立つし。

でもどんなに自分で完璧だと思っても、
全然完璧ではなかったんですよね。
上司に指摘されないことはなかったですし。

 

それに成果物を出すのも、
期限ギリギリが多かったので、
成果を出すのも遅かったなーと。

 

それはプライベートにも及んでいて、
何をするにも決断力がなく、
時間かかってましたね。

もったいない時間を過ごしました。

 

今は完璧主義感はだいぶ薄れたので、
いい感じでいろいろチャレンジできてるし、
「こんなもんでしょ」で仕事してるから、
ストレスもそんなに溜まらないです。

作業もそこそこ早いほうだと思います。

 

後輩とか指導するときも、
ある程度やって分からないレベルになったら、
サッサと聞きにきなって教えちゃってます。

自分で調べることはもちろん大切だけど、
そこで時間をムダにし過ぎるのは、
僕は違うと思います。

 

知っている人がいるなら頼るべきだし、
ネットビジネスやるにしても、
情報商材とかにちゃんと自己投資して、
時間は短縮するべきです。

だって、時間がもったいないですから。

 

そんな簡単なことに気づくのに、
大変時間がかかってしまいましたけど、
気づけてよかったなぁと心底思います。

テキトー万歳です(笑)

おすすめ2

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

-働き方, 戦略・思考

Copyright© 副業サラリーマンがアフィリエイトで自由になる , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.